"CanSeeVoice Ver 1.5"まもなく公開
このアプリは,あなたの声を見ることができるものです。

"CanSeeVoice Ver 1.5"の新しい機能
〇FFTと時間との関係(声紋グラフ)が高精度になりました。
 (0.025s毎のデータを表示)

Ⅰ 画面の説明
「iPhone」
[録音モード]


[再生モード]

「赤の」ボタンを押すと,録音データが再生されます。
再生中に「赤の」ボタンを押すと,再生が停止します。


「画面のI」を左右にスライドすると,再生開始場所を移動できます。


このアプリの機能は次の通りです。
A) 音声入力及び停止
B) 基本振動数の値
C) 基本振動数の強度
D) 倍音の数
E) 倍音の数と時間との関係
F) 波形表示
G) FFT表示
H1) 波形とFFTの強度変更(拡大)
H2) 波形とFFTの強度変更(縮小)
I ) FFTと時間との関係
J) FFT強度の違いを色で表示
K) 基本振動数がピアノの鍵盤に対応
L) ノイズ除去
M) FFTスケールの変更
N) 録音波形全体の表示
O)録音データの再生

「iPad」
[録音モード]


[再生モード]




Ⅱ 機能の説明
上図の"E","H1","H2","I","L","M"をタッチすると,以下のように変化します。

○"E"
・タッチ前 (倍音の最大値が24倍音)

・タッチ後(倍音の最大値が12倍音となり,もう一度タッチすると「タッチ前」の状態になります。)

○"H1"
・タッチ後(波形およびFFTのスケールが拡大されます。)

○"H2"
・タッチ後(波形およびFFTのスケールが縮小されます。)


○ "I"

・タッチ後,右へスライドすると時間的に新しいデータが表示されます。

・タッチ後,左へスライドすると時間的に古いデータが表示されます。

○ "L"
・タッチ前

・タッチ後ノイズが軽減されます。

○ "M"
・タッチ前の最大振動数は14080Hzで,最小振動数は55Hzです。

タッチすると最大振動数は3520Hzとなります。

再び,タッチすると最大振動数は880Hzとなります。もう一度タッチすると最大振動数は基の14080Hzとなります。


"CanSeeVoice Ver 1.4"の新しい機能
1)51秒間の録音された音の再生が可能
2)初期画面の変更


"CanSeeVoice Ver 1.3"の新しい機能
〇iPadに対応
〇録音時間60秒可能
〇「Stop」モードにおいて,録音データが別画面


"CanSeeVoice Ver 1.2"
"Ver 1.2"では,32秒間の録音が可能であり,そのデータを表示する機能を付けました。
また,Landscape Left と Right に対応しました。

このアプリの機能は次の通りです。
A) 音声入力及び停止 ------------------>図のA
B) 基本振動数の値--------------------->図のB
C) 基本振動数の強度------------------->図のC
D) 倍音の数--------------------------->図のD
E) 倍音の数と時間との関係 -------------->図のE
F) 波形表示--------------------------->図のF
G) FFT表示 --------------------------->図のG
H1) 波形とFFTの強度変更(拡大)---------->図のH1
H2) 波形とFFTの強度変更(縮小)--------->図のH1
I ) FFTと時間との関係------------------->図のI
J) FFT強度の違いを色で表示------------>図のJ
K) 基本振動数がピアノの鍵盤に対応------>図のK
L) ノイズ除去 ------------------------->図のL
M) FFTスケールの変更 ----------------->図のM
N) 録音波形の表示・非表示-- ------------>図のN


iPhone Application "CanSeeVoice Ver 1.1"
このアプリの機能は次の通りです。
A) 音声入力及び停止 ----------------->図のA
B) 基本振動数の値-------------------->図のB
C) 基本振動数の強度------------------>図のC
D) 倍音の数-------------------------->図のD
E) 倍音の数と時間との関係 ------------->図のE
F) 波形表示--------------------------->図のF
G) FFT表示 --------------------------->図のG
H) 波形とFFTの強度変更---------------->図のH
I ) FFTと時間との関係------------------->図のI
J) FFT強度の違いを色で表示------------>図のJ
K) 基本振動数をピアノの鍵盤に対応------>図のK
L) ノイズ除去 ------------------------->図のL


上の図のE,H,I,Lをタッチすると,次のように変化します。

〇「E」
タッチ前 (グラフEの最大値は48です。)

タッチ後(グラフEの最大値は24となります。もう一度タッチすると最大値は48に戻ります。)

〇「H」
「UP」をタッチすると,音の強度が大きくなります。

「DOWN」をタッチすると,音の強度が小さくなります。

〇「I」
タッチ前の最大振動数は14080Hzです。

タッチ後の最大振動数は3520Hzです。もう一度タッチすると最大振動数は14080Hzとなります。

〇「L」
タッチ前の状態です。

タッチ後ノイズが軽減されます。

main page